ヒデユキ RC Blog
    RC活動の記録を残したいなぁ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

ヒデユキ

  • Author:ヒデユキ
  • 今年は『安定感』『順応性』

    □レース参加予定□
    (※:開催予定)

    2008年のレース予定終了
    来年も頑張ります!

    □チボリへGo予定□
    12月31日(水)
     グランドフィナーレ

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カテゴリー

訪問履歴

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 The Capitol Albums Vol.2

久々のBeatlesネタ。
一応Beatlesフリークなんですワタクシ。

20060705_01.jpg
『The Capitol Albums Vol.2』という4枚組みのCD BOXをGetしたです。
Vol.2というくらいなのでVol.1があったわけなんですが、『出ないんじゃないのぉ』という意見が大半の中無事発売されたって感じです。

ちゃちゃっと探せば幾らでもありそうだけど、今日はこのCDについて書こうかと。

Beatlesのデビュー~解散までは1962年~1970年で、最初は本国イギリスでブレイク。そして1964年にアメリカでブレイク(当時はアメリカでブレイク=世界でブレイクの図式)。その当時のアメリカは音楽業界においても絶大な力を持っていて、イギリスのアーティストのアルバムがそのまま発売されることは無く、アメリカ的な解釈で再編集し、ジャケットを製作して発売されていました。
アメリカではCapitolというレーベルがBeatlesのレコードを独自のフォーマットのみならず、音源にまで手を入れて(深いエコーかけたりとか、擬似ステレオ作ったりとか)発売した。
しかも、2枚のアルバムから曲数を調整したりして3枚のアルバムを作ったりとやりたい放題。
ちなみに当時は『モノラル盤』と『ステレオ盤』それぞれ販売されてました。

細かいことを書き出すとキリがないのでヤメヤメ・・・

なのでBeatlesのディスコグラフィーは発表した楽曲の数に比べて異常に多かった状況がレコード時代の実際でした。音源違いを集めようとするとそれはそれは大変な労力と時間とお金が必要でした。

1987年に正式にBeatlesのアルバムがCD化されるにあたって、音源およびフォーマットが統一されイギリス盤でのディスコグラフィが完成しました。1988年にCD化が一段楽した後は、未発表曲やアウトテイクを中心に毎年少しずつ発表され続けています。
(となると登場するのがブートレグ(海賊盤)。Capitol物のブートレグが相当出回っていたのが現実)

という背景のなか、今回リリースされた『The Capitol Albums Vol.2』は、アメリカでのアルバム(Capitol盤)のCD化第二弾というわけです。
20060705_02.jpg 20060705_03.jpg
『紙ジャケ』『BOX』『異常なまでに分厚いブックレット』『ステレオ・モノラル2in1』『デジタルリマスタリング』といったマニア心をくすぐるアイテムです。特に日本盤の紙ジャケは、死ぬほどチープだったVol.1に比べてかなりのクオリティアップを果たしています。(Vol.1をVol.2のクオリティで再発してくれんかなぁ)

とはいえ目玉は音源。ディープなCapitolミックス(一部イギリスとはテイク違い)を現代のマスタリングで訊けるのは超嬉しい限り。デジタルリマスターやCD技術の向上もあってかなり音圧が増しています。なのでCD創成期に出たイリギス盤の音がどんどんチープに感じてします・・・。

てな訳で『これからBeatlesを聴いてみよう』という方には全くオススメではないCD BOXなんですね。やっぱ最初はBest盤からがオススメですね。

でも、でもですよ、ワタクシが本当に待っているのは
『イギリス盤のリマスター&モノ・ステレオの2in1

&紙ジャケ(今回みたいなの)


んですよぉ。そろそろお願いしますよぉ・・・EMIさまぁ~


スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

The Beatles | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2006/07/05(水) 23:59)

 Apple タイトル 紙ジャケ限定発売
紙ジャケ大好き。
中学生~高校生の頃、バイト代を殆どつぎ込んでレコードコレクト
していたんだけどやっぱり『手の届かない壁』をクリアできず挫折。
ということで、紙ジャケは、レコードのミニチュア版みたいでかなり
お気に入り。

最近はラジコン一筋状態なので、全然気がつかなかったけど、
Appleアーティストのアルバムが紙ジャケで続々と限定発売されて
いるらしい。
この中にはGeorge Harrisonの最初のアルバム2作品『不思議の壁』
『電子音楽の世界』が含まれているので、The Beatlesファン
としては、逃せないアイテムだ。

未だ購入していないけど、イオン倉敷のTOWER RECORDSで実物を
みました。
日本盤といえば帯がポイントになるんだけど、ちゃんと
『ひょうたん帯』じゃないですか。
発売当時(今ではプレミア盤)のデザインによく似せてあって、
かなり好印象。
即Getといきたいとこだけど、今はムリ。(だってモーター慣らし機
が欲しいもの)

ていうか、早くBeatlesのオリジナルアルバムを『Remix&紙ジャケ
(もちろん帯もオリジナル仕様)&STEREO/MONOの2in1』で出して
くれぇ・・・。今出回っているBeatlesのオリジナルアルバムは
CD創世記の音源なので
音がスカスカ。Apple(東芝EMI)社にとっては『最後の目玉』的な
扱いなんだろうか?
BeatlesのオリジナルアルバムCD化から17年、そろそろ待ち
くたびれてますよ。
Let It BeのDVD化もいつのことやら・・・。

しかし、『限定』『初回盤』なんてコトバがつくとじっとして
られなくなる。というのも、Beatles関連のアイテムはさっさと
入手しないとあっという間にプレミアがついてしまうので、後々
大変なことになるので・・・。

テーマ:The Beatles - ジャンル:音楽

The Beatles | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/08/15(月) 20:23)

copyright © 2005 ヒデユキ RC Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。